電力業界全体における料金の上昇傾向

電力業界全体において、でんき料金が上昇傾向にあります。

電力業界全体における

料金の上昇傾向

電力業界全体において、

でんき料金が上昇傾向にあります。

Q.

 

なぜでんき料金が全体的に上昇傾向にあるの?

 

Q.

なぜでんき料金が全体的に上昇傾向あるの?

A.

 

❶ 世界的に電力供給源が高騰している

 

日本では、原発を停止してから、海外から電気の供給源となる燃料を調達しています。

しかしパンデミック後の世界経済回復により、LNGをはじめとした燃料の需要が上昇傾向にあります。

そのため、電力のみならず、ガスなど世界的なエネルギー業界全体の調達コストが高騰しています。

 

 

❷ 再エネ賦課金が上昇傾向にある

 

再エネ賦課金(正式には再生可能エネルギー発電促進賦課金)とは、

2012年に始まった、国の再エネ普及政策の一部で、国内の再エネ普及のために、

みんなでその投資コストを負担するという仕組みです。

 

再エネのプランか否かに関わらず、

一般的な電力プランではこの再エネ賦課金が含まれます。

ニュースでも取沙汰されていますが、毎年この再エネ賦課金が上昇傾向にあり、

でんき料金の高騰の一因となっています。

A.

 

❶ 世界的に電力供給源が高騰している

 

日本では、原発を停止してから、海外から電力の供給源となる燃料を調達しています。

しかしパンデミック後の世界経済回復により、LNGをはじめとした燃料の需要が上昇傾向にあります。

 

❷ 再エネ賦課金が上昇傾向にある

 

再エネ賦課金(正式には再生可能エネルギー発電促進賦課金)とは、2012年に始まった、国の再エネ普及政策の一部です。

国内の再エネ普及のために、みんなでその投資コストを負担するという仕組みです。

 

再エネのプランか否かに関わらず、一般的な企業の電力プランではこの再エネ賦課金が含まれます。

ニュースでも取沙汰されていますが、毎年この再エネ賦課金が上昇傾向にあり、でんき料金が上がった一因となっています。

何か対策はないの?

業界全体の傾向を止めることはできませんが、

 

ジニーエナジーでは影響が最小限となるよう

 

リスク対策を行っています。

何か対策はないの?

業界全体の傾向を止めることは

できませんが、ジニーエナジーでは

影響が最小限となるよう

リスク対策を行っています。

☝ リスクマネージメントのプロが、

 

下記2つの手法において電力調達を行っています

☝ リスクマネージメントのプロが、

下記2つの手法において

電力調達を行っています

 

電力卸売市場JEPX以外の発電所との長期契約を結んでいる。

JEPXはあくまでも短期的な調達であり、

ジニーエナジーが調達する電力の約5%-10%程度。

電力卸売市場JEX以外の発電所との

長期契約を結んでいる。

JEPXはあくまでも短期的な調達であり、

ジニーエナジーが調達する電力の約5%-10%程度。

 

多様な電力調達先を確保することにより、

もっとも最適なコストで電力を調達。

多様な電力調達先を確保することにより、

もっとも最適なコストで電力を調達。

☝ あおプランであれば1年間単価が変わらない

☝ あおプランであれば

1年間単価が変わらない

ポイント❶

 

地域の電力会社であっても燃料調達費の変動は

毎月のでんき料金に「燃料調整費」として反映している。

ポイント❶

地域の電力会社であっても燃料調達費の変動は

毎月のでんき料金に「燃料調整費」

として反映している。

ポイント❷

 

あおプランは業界初の1年間の単価が変わらないプラン。

そのため、1年を通じて燃料調達費の変動による影響を受けない。

ポイント❷

あおプランは業界初の1年間の

単価が変わらないプラン。

そのため、1年を通じて燃料調達費の

変動による影響を受けない。

あおプランに関する詳細はこちら:

あおプランに関する詳細はこちら:

ジニーエナジーの見解 : 価格上昇は長期化しない

ジニーエナジーの見解 :

価格上昇は長期化しない

世界の燃料費高騰について

 

世界の燃料の供給・需要にはサイクルがあり、

1サイクル数年と言われている。

 

今年はそのサイクルの中で燃料が高くなっている時期であり、

いずれ下がる可能性が高い。

世界の燃料費高騰について

世界の燃料の供給・需要にはサイクルがあり、

1サイクル数年と言われている。

 

今年はそのサイクルの中で燃料が

高くなっている時期であり、

いずれ下がる可能性が高い。

再エネ賦課金について

 

再エネ賦課金は国の取り組みで毎年値上げしているが、

国としても値上げしないための施策を検討している。

 

多くのエネルギー企業が国の助成金に頼らずとも

再生エネルギーを提供できるよう努めており、

将来的には完全に自立した事業を行うことができれば

再エネ賦課金の仕組みが必要なくなる。

再エネ賦課金について

再エネ賦課金は国の取り組みで

毎年値上げしているが、国としても

値上げしないための施策を検討している。

 

多くのエネルギー企業が国の助成金に頼らずとも

再生エネルギーを提供できるよう努めており、

将来的には完全に自立した事業を行うことが

できれば再エネ賦課金の仕組みが必要なくなる。

マイページ