電力業界全体における料金の上昇傾向

電力業界全体において、電気料金が上昇傾向にあります。

電力業界全体における

料金の上昇傾向

電力業界全体において、

電気料金が上昇傾向にあります。

Q.

 

なぜ電気料金が全体的に上昇傾向にあるの?

 

Q.

 

なぜ電気料金が全体的に上昇傾向

にあるの?

 

A.

 

❶ 世界的に電力供給コストが高騰している

 

日本では電力の76%を火力発電に頼っており、火力発電の燃料となる

LNGや石炭の輸入価格が上昇していることが主な原因です。

パンデミック後の世界経済回復により、LNGをはじめとした燃料の需要が増加傾向にあるため、

電力のみならず、ガスなど世界的なエネルギー業界全体の調達コストが高騰しています。

 

❷ 再エネ賦課金が上昇傾向にある

 

再エネ賦課金(正式には再生可能エネルギー発電促進賦課金)とは、

2012年に始まった、国の再エネ普及政策の一部で、国内の再エネ普及のために、

みんなでその投資コストを負担するという仕組みです。

 

再エネのプランか否かに関わらず、

電力会社の一般的な電力プランではこの再エネ賦課金が含まれます。

ニュースでも取沙汰されていますが、毎年この再エネ賦課金が上昇傾向にあり、

電気料金が上がった一因となっています。

A.

 

❶ 世界的に電力供給コストが高騰している

日本では電力の76%を火力発電に頼っており、火力発電の燃料となるLNGや石炭の輸入価格が上昇していることが主な原因です。

パンデミック後の世界経済回復により、LNGをはじめとした燃料の需要が増加傾向にあるため、電力のみならず、ガスなど世界的なエネルギー業界全体の調達コストが高騰しています。

 

❷ 再エネ賦課金が上昇傾向にある

再エネ賦課金(正式には再生可能エネルギー発電促進賦課金)とは、2012年に始まった、国の再エネ普及政策の一部です。

国内の再エネ普及のために、みんなでその投資コストを負担するという仕組みです。

再エネのプランか否かに関わらず、電力会社の一般的な電力プランではこの再エネ賦課金が含まれます。

ニュースでも取沙汰されていますが、毎年この再エネ賦課金が上昇傾向にあり、電気料金が上がる一因となっています。

ジニーエナジーの見解 : 価格上昇は長期化しない

ジニーエナジーの見解 :

価格上昇は長期化しない

 

世界の燃料費高騰について

 

世界の燃料供給・需要にはサイクルがあり、

1サイクル数年と言われています。

 

今年はそのサイクルの中で燃料が高くなっている時期であり、

いずれ下がる可能性が高いとみています。

世界の燃料費高騰について

世界の燃料給需要にはサイクルがあり、1サイクル数年と言われています。

今年はそのサイクルの中で燃料が高くなっている時期であり、いずれ下がる可能性が高いとみています。

 

再エネ賦課金について

 

再エネ賦課金は国の取り組みで毎年値上げしていますが、

国としても値上げしないための施策を検討しています。

 

多くのエネルギー企業が国の助成金に頼らずとも

再生可能エネルギーを提供できるよう努めており、

将来的には完全に自立した事業を行うことができれば

再エネ賦課金の仕組みが必要なくなります。

再エネ賦課金について

再エネ賦課金は国の取り組みで毎年値上げしていますが、国としても値上げしないための施策を検討しています。

多くのエネルギー企業が国の助成金に頼らずとも再生可能エネルギーを提供できるよう努めており、将来的には完全に自立した事業を行うことができれば再エネ賦課金の仕組みが必要なくなります。

マイページ